【必見】インスタ自動ツールは凍結の危険性あり

「インスタ自動ツールを活用して、これからフォロワーを増やすぞ!」

「インスタ自動ツールを使うとアカウントが凍結されるって聞くけどホント?」

「凍結されないように自動ツールを活用するにはどうしたらいい?」

という方向けに、インスタ自動ツールの基本的な特徴と、凍結リスクがあるのかについて解説します。

インスタ運用に時間をかけすぎることなく、効率的にフォロワーを増やすにはインスタ自動ツールの活用は非常におすすめです。

しかし自動botによる運用は、アカウントの凍結リスクがあり、凍結されないように注意して運用する必要があります。

この記事では自動ツールを活用して凍結された場合にすべきことと、凍結されない自動ツールのおすすめを解説するので、参考にしてください。

これからインスタ自動ツールの活用を検討している方必見の内容です。

インスタ自動ツールとは?

インスタ自動ツールはフォロワーを獲得するために行うユーザーアクションを自動化させることができ、時間をかけずにフォロワーを増やすことができます。

ユーザーにアカウントを認知されて、フォローしてもらうには、以下のようなアクションを行う必要があります。

  •  いいね
  •  コメント
  •  フォロー

ユーザーの投稿に対していいねやコメントを行うことによって、ユーザーは「どんな人からいいねされたんだろう?」と気になって、プロフィールページを見る可能性が高くなります。

フォローを行えば高確率でフォロー返しされるので、相互フォローという形でフォロワーを増やすことができます。

インスタ自動ツールでは、このようなアクションを自動化させることができるサービスです。

インスタ運用では一貫した投稿やストーリーズを継続して発信することで、ユーザーにフォローする価値のあるアカウントと認識されるのだが、上記のアクションを行ってユーザーにアカウントの存在を把握してもらう必要があります。

ターゲットユーザーを分析して、いいねやコメントをたくさん行うのには手間がかかるので、自動ツールを活用するのがおすすめです。

また自動ツールでは無差別にいいねやコメントを繰り返すのではなく、アカウントに興味があるユーザーにターゲットを絞って行うので、効率良くフォロワーを増やすことができます。

重要なコンテンツ部分は自分で行い、いいねやコメントなどのアクションは自動ツールで行うのがベストな運用方法です。

実際に多くの個人や企業がインスタ自動ツールを導入しており、フォロワーを増やしています。

インスタ自動ツールは凍結リスクが高い

「よし!ならインスタ自動ツールを活用してフォロワーを増やそう!」と思うかもしれませんが、実際にツールの利用を始める前に、自動ツールの大きなリスクを把握してください。

インスタ自動ツールにはアカウントの凍結リスクがあり、最悪の場合凍結を解消させることができず、運用を続けられない可能性もあります。

インスタ自動ツールは国内だけで非常にたくさんあるが、その多くが「凍結リスクなし!」として宣伝しています。だが実際にはインスタ自動ツールを活用しているアカウントの凍結事例は多く、凍結までは行かなくてもアクションの制限をかけられることもあります。

こうしたことから、インスタ自動ツールを軽い気持ちで導入することはあまりおすすめできません。

インスタグラムは2019年7月にアップデートを行い、短時間の間に良いねやコメント、フォローなどのアクションを行ったアカウントに制限をかけるようにしています。

当然インスタグラム側としてはユーザーに健全にSNSを楽しんでもらいたいので、自動botによる無差別的なアクションは推奨していません。

1時間に何回のアクションなら大丈夫かは公表されていないので、自動botを利用している限り、凍結リスクは高いと言えます。

インスタグラムのシステムはbotで行っているアクションをすぐに見つけることができると言われているため、最新のAI技術を活用した自動ツールでも現在は凍結リスクがあります。

なので、これからインスタ運用を効果的に行いたい方は、自動botを活用したツールではなく、記事後半で解説している手動によるアクションを行う、インスタ運用代行ツールを活用して自動化させるのがおすすめです。

インスタ自動ツールを使って凍結されるとどうなる?

解説した通り、インスタ自動ツールを活用して運用を続けると、いつかアカウントが凍結される可能性があります。そして、1度凍結されるとアカウントにログインできなくなり、エラーが表示されます。

エラーには「異議申し立て」を行うことができ、手順通りに申し立てを行い、承認されれば1週間〜1ヶ月後に凍結が解除されることになります。

異議申し立ての手順は以下の通りです。

  1.  「異議申し立て」を選択して連絡フォームを全て入力した後に送信する
  2.  凍結解除方法が記載のメールが届く
  3.  メールに記載されたコードや名前、ユーザーネームを紙に書き、紙をもった状態で顔が映るようにして写真を撮る
  4. 写真を添付して送信する

本人確認を行わないとならないので、凍結解除には手間がかかります。

そして上記の手順で申請して、凍結が解除されたとしても、アカウントはブラックリストに乗っている状態なので、投稿がリーチされにくかったり、再度短時間でアクションを行った場合は、再度凍結される可能性も高くなっています。

つまりアカウントが1度凍結されると、ビジネスとして運用を続けていくことができず、やり直すことが難しいということです。

なので凍結されても異議を申し立てれば大丈夫と思わずに、絶対に凍結されることのないように運用を行わなければなりません。

インスタ自動ツールで凍結されないためには?

ではインスタ自動ツールを活用しても凍結されないために、どうすれば良いかというと、結論は解説した通り、手動でアクションを行う運用代行ツールを活用することです。

もちろん手動でアクションを行っても、短時間で多くのいいねやコメントを行ったりすれば、botでなくてもアカウントの凍結リスクはありますが、運用代行ツールでは凍結を避けるためにアクションを行う頻度や内容を徹底して管理しているので問題ありません。

専門の担当者がアカウントに興味があるユーザーをターゲティングして、無作為にいいねするのではなく、数は少なくてもフォローしてくれる相手にだけアクションを行うので、フォロワーの獲得率は非常に高いです。

またコメントもbotで定型文を一斉に書き込んでいる訳ではなく、ユーザーの投稿にあった内容なので、反応率も当然高くなります。

凍結リスクをなくして、かつ運用を自動化させたい方には運用代行ツールが最適です。

凍結されないために最も大切なことは自動botを活用しないことだが、他にも以下のような運用を行うことで凍結されてしまう可能性があるので、簡単に紹介します。

  • 違反報告を無視した
  • 利用規約に違反した
  • DMを送りすぎた

アカウントの凍結はいきなり行われることは珍しく、ほとんどの場合は事前に警告メッセージが来ることになります。

アクションの利用制限や機能の一時停止などのメッセージが来ている場合は、必ず運用方法を見直して改善しなければなりません。

当然警告が来ているのに無視して運用を続ければ凍結されることになるはずです。

他にもインスタグラムの利用規約に違反している場合も凍結対象になります。利用規約は非常に多いが、性的なコンテンツや暴力的な投稿をしているアカウントが対象です。

短時間でDMを送りすぎたり、相互フォローしていないユーザーにDMを送りすぎた場合も凍結される危険があります。

凍結されないためには上記のことに注意してインスタ運用を行ってください。

安全にインスタ集客を自動化させたい方は「Ref」が最適

安全にインスタ運用を自動化させたい方は、凍結リスクのある自動botではなく、手動で運用を代行する「Ref」がおすすめです。

Refは株式会社ReFが2020年11月にリリースしてサービスで、専門の担当者が目視でユーザーターゲティングを行って、全てのアクションを手動で行うことが特徴です。

フォロワーを増やすためにはユーザーにアクションを行う必要があることを解説しましたが、Refを活用すればその作業を専門の担当者にお任せすることができます。

他にもインスタ自動ツールはたくさんありますが、自動botを利用して無差別にいいねやコメントを繰り返すサービスは、解説した通りアカウントの凍結対象なので、安全に運用したい方にはおすすめできません。

自動ツールを活用したい方は、絶対に自動botではなく担当者が手動で行うサービスを利用してください。

運用代行サービスは自動botよりもコストがかかることが一般的ですが、月額23,000円〜サービスを利用できることも魅力の一つです。

Refでは月間300〜400人のペースでフォロワーを増やすことができ、相互フォローで獲得したユーザーではないので、ユーザーの質も高いです。

サービスの詳細や無料相談は以下から行えるので、少しでもインスタ運用にかける時間を減らして、効率良くフォロワーを増やしていきたい方は参考にしてください。

Refの無料相談はこちらから

まとめ

以上、インスタ自動ツールの凍結リスクや、凍結されずに運用を自動化させる方法を解説しました。

以前は問題なく利用できていた自動ツールも、現在は凍結リスクが非常に高いので、botを活用しているサービスはおすすめできません。

紹介したインスタ運用を代行して自動化できる「Ref」はアカウントの凍結リスクがないので、効率的にフォロワーを増やしたい方は無料相談から行ってください。

Refの無料相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。