ReFのインスタグラム運用サービスの効果・評判【徹底調査】

2020年12月にリリース以降、口コミによって急激に利用者を伸ばしている「ReF(レフ)」。既に500アカウント以上の運用を行っています。

今回はReFの特徴や、導入時のメリット・デメリットを解説します。

これからインスタ運用を初めて集客を行いたい方や、自動ツール選びでお困りの方は是非参考までにご覧ください。

ReF(レフ)の特徴

運営会社株式会社ReF
月額料金(税込み)23,000円
販売URLhttps://ref-solution.com/

インスタ運用自動化ツールの「ReF」は、専任プランナーにより人間の手でいいね・フォローを行ってくれる集客サポートサービスです。

インスタ集客を成功させるには、まずフォロワーを増やすことが大切です。

インスタグラムはTwitterのリツイート機能のように、投稿を拡散させる仕組みがないので、ただ魅力的なコンテンツを発信しているだけではフォロワーを増やすことができません。

フォロワーを効率良く増やすには、アカウントの存在をユーザーに認知してもらうことが大切です。そのためには、アカウントからユーザーに対していいねやコメントなどのアクションを行うことが効果的です。

アカウントに興味があるユーザーに対象を絞ってアクションを行うのには手間と時間がかかるので、効率良くフォロワーを増やしたい方は、ReFを活用するのが良いでしょう。

インスタ運用自動化ツールはReF以外にもたくさんありますが、ReFには優れた特徴があるので、これからインスタ運用に力を入れるのであれば必ず知っておくべきです。

ReFの優れた特徴は以下の通りです。

  • 見込み客のターゲティングができる
  • 手動でアクションを行う
  • FF比率の調整も可能

見込み客のターゲティングができる

ReFは、専任の担当者がアカウントの集客に繋がる見込み客を適切にターゲティングして、アクションを行います。

ターゲティングとは、ユーザーが使用しているハッシュタグや位置情報、登録情報などからターゲットを絞り込むことです。

例えば、「渋谷の美容院に興味がある20代の女性」というようにアクションを行う対象を絞り込むことができます。

つまり自社のサービスに興味のあるユーザーを中心にフォロワーを増やすことができるので、集客に繋がりやすいというわけです。

手動でアクションを行う

ReFが他のインスタ自動化ツールと大きく異なる特徴は、全てのアクションを手動で行うことです。

他の自動ツールでは自動botやAIを利用して自動でアクションを繰り返しますが、インスタグラム運営はBOTの使用を禁止しており、発覚した場合はアカウントが凍結される可能性があります。

ReFは完全に手動でアクションを行うので、アカウントが凍結される可能性が限りなく低くこれまでにも凍結事例が報告されていません

フォロワーを増やすことも大切ですが、アカウントが凍結されてしまっては本末転倒です。
安全にインスタ自動化ツールを導入したい方には最適なサービスといえます。

FF比率の調整も可能

ReFではFF比率の調整を行うことも可能です。FF比率とは、フォローとフォロワーの比率のことで、アカウントのブランディングを行う場合は、フォロー数とフォロワー数は同じでない方が良いです。

なぜなら、インスタではフォローバックを狙ってアカウントをフォローする方が多く、FF比率が1:1に近いと、ユーザーに「フォローバックでフォロワーを増やしたアカウントだな」と思われてしまうからです。

ReFでは、最初の電話ヒアリングの際に担当者に「フォロワーをあまり増やしたくない」と伝えることで、可能な範囲でFF比率の調節を行ってくれるのでブランドイメージを下げることはありません。

ReF(レフ)の実際の効果事例

ReFを実際に導入した企業の効果実例は以下の通りです。

 初期フォロワー数3ヶ月後のフォロワー数1月の平均増加数
美容系アカウント7051801365.3
アパレル系アカウント25785253.3
個人アカウント120738206
飲食系アカウント4051609401.3

ReFを導入した企業は、業界・業種関係なく、1ヶ月平均300人〜400人の増加を達成しています。1ヶ月でこれだけ増えれば、そこまで時間をかけることなく集客効果を実感できるようになるはずです。

また、フォロワーの伸び率はフォロワー数が多くなるほど基本的に高まっていくので、最もフォロワーを増やすことが難しい、運用開始初期だけでも利用すると良いでしょう。

なぜインスタ運用を自動化するべきなのか?

ここまで読んで、「ReFの特徴は分かったけど、導入しなくても集客できるんじゃない?」と思う方もいるでしょう。

なぜインスタ運用を自動化するべきかというと、結論、多くの企業や個人がインスタ運用に失敗して、フォロワーを増やす前に挫折してしまうからです。

解説した通り、インスタ運用を自社で行うとなると、手間と時間がかかります。さらに、必ずフォロワーが増えることはなく、膨大な時間を無駄にしてしまう可能性も十分あります。

インスタのフォロワーを増やすには、投稿に多くのいいねやコメント、保存などのアクションが行われて、ハッシュタグ検索のトップや発見タブに表示されることが大切です。

そのためには一定数のフォロワーと反応数が必要になるのですが、これを自力で獲得するまで運用できる方が少ないのが現実です。

アカウントの業界・業種によっても変わりますが、フォロワー2000人を超えると、投稿に対する反応数が多くなり、フォロワーの伸び率も高まる場合が多いです。

ターゲティングやいいねやコメントなど、手間と時間のかかるアクションはインスタ自動化ツールにお任せして、空いた時間で重要なコンテンツの作成に力を入れることをおすすめします。

ReFは1ヶ月平均300人〜400人フォロワーを増やす効果があるので、最も大変な最初の2000人獲得まで活用して、インスタ運用を挫折しないようにしましょう。

インスタ運用自動化ツール「ReF」のプラン料金

ReFは1ヶ月からの利用が可能で、以下の2つのプランから選ぶことができます。

  • エントリープラン:月額23,000円
  • プレミアムプラン:月額50,000円

参照:ReF(https://ref-solution.com/

全てのプラン共通でターゲティングを行ったアクション代行、メールでのアカウント運用相談を行えます。

プレミアムプランでは電話相談にプラスして、週1回の投稿代行(画像は提供する必要があり)も行えます。

格安の自動botツールは月額数千円〜利用できますが凍結リスクが高くお勧めできません。
ReFは自動化ツールといっても、実際はインスタ運用代行サービスなので、専門の担当者がついて運用アドバイスをもらいながら安全に運用できてこの価格は非常にお得です。

運用開始初期だけの利用なら、トータル費用も格安で抑えることができるでしょう。

インスタ運用自動化ツール「ReF」のデメリット

反対にReFのデメリットを紹介します。

  • botツールと比べて費用が高い
  • 土日は稼働しない

botツールと比べて費用が高い

メリットで費用は格安と解説しましたが、自動botツールと比べると高額になります。全て手動でアクションを行っているので、botより高額になるのは当然ですが、アカウントが凍結されない安全性を考えると非常に安いと思います。

アカウント凍結リスクがあっても、少しでも安く自動化したい方は、自動botを利用するのが良いですが、専門の担当者の方に手動でアクションを代行してもらうと考えるとやはりお得ですね。

土日は稼働しない

ReFのアクションは365日行われるのではなく、基本的に土日は稼働しません。なので、土日もフォロワーを増やしたい方は自らアクションを行う必要があります。

「土日は稼働しないのかー」と思うかもしれませんが、月に300人〜400人のフォロワーを増やすことができるので、効果で考えると問題はあまりないです。

インスタ運用自動化ツール「ReF」の導入がおすすめな方

最後にReFの導入がおすすめな方は以下の通りです。

  • インスタ運用に手間や時間をかけたくない方
  • インスタ集客を効率良く行いたい方
  • アカウント凍結リスクなくフォロワーを増やしたい方
  • 費用を抑えて安全に自動化したい方

ReFは他の自動化ツールと比べて安全にフォロワーを増やすことができます。現在は自動botはもちろんですが、AIを活用したアクションもインスタグラムのセキュリティーシステムは優秀なので、凍結される可能性があります。

なので、インスタ運用を安全に行いたい方は、ReFの手動アクションが必須です。運用を代行してもらえて月額23,000円で利用できるのはReFだけです。

>>ReF公式を見てみる

まとめ

今回はインスタ運用自動化ツール「ReF」の特徴や、導入すべき理由、利用するメリットとデメリットを解説しました。

インスタ運用を成功させれば、広告費をかけることなく、集客を行うことができます。今や全ての企業やサービスがインスタ運用を行うべき時代なので、この記事で解説したReFを導入して、インスタ集客を行ってみてください!

運営会社株式会社ReF
月額料金(税込み)23,000円
販売URLhttps://ref-solution.com/